久しぶりの投稿ですまない。

6月下旬で派遣社員として契約が満了した。そして8月から別の派遣社員として働き始めた。
無職期間が1ヵ月ちょっとという期間で仕事を始めた。
こんなことは俺にとってかなり珍しいことだ(笑)

過去を振り返ると、会社を辞めた後は就職活動をしない(笑)
次は何をしようか?
やりたいことがない
そんなことばかり考えて時間を過ごしていた。

ただ、今回は違った

コロナウィルスの影響による社会全体が不安定にあなったからだ。

社会情勢がヤバイ時に俺の選択は
「お金をこれ以上減らしてはいけない」という選択だった

4月末に貯金100万円を達成したのだが、ビットコイントレードで結局30万円損した。
生真面目なクセに、時々ギャンブラーになってしまう性分なのだ。

その時はまさか派遣が契約終了になるとは思わなかった。
情勢がガラッと変わり、この時に「以前のように貯金を切り崩してはチャンスが現れた時に行動できない」と思った。

なぜこう思ったのかというと、実は以前からビットコインへの投資を考えていた。
昨年の2月頃にはお金が全くなかった。
しかし、ビットコインの上昇が起こるだろうと踏んでいたにも関わらず、投資はできなかった。
資金が0円だったから。
親からお金を借りて生活をする31歳だ。

トレードに回せる余裕はない。
そして見送った。
当時のレートだと1BTC40万円台だ。それが現在は120万円台。
この時に資金があれば、大なり小なり利益がでていた ということ。

まあ、これは結果に過ぎないからどうでもいい。

ただし、資金を保有しないことのデメリットがあまりにも大きかったのだ。

だから俺はすぐに就職を決めた。
今のところは正直やばい。
人数ギリギリで回すシフト制の事務だ。
専用システムのデータ入力。それを覚えるのはかなりしんどい。
完全な機械人間になるようなイメージだ。手順を記憶して、ただ作業をし続けるというもの。
その記憶量がやばい量だった。
そして、定年退職者がここ2年くらい2名。後釜は不在。むしろ今探してるが、見つからない状態だ。

こんな将来的に不安しかないところでも働く必要が今あったと感じたから働いている。

今は耐える時なんだと思った。

そんな俺にまさかの転機が訪れた。
今まで早期で就職することがないだけにハローワークから「再就職手当」がもらえる話が出た。

時系列にまとめよう
6月下旬に辞めて、離職票が届くまで約2週間かかった
その後、ハローワークに失業保険の申請に行き、待期期間7日後を過ぎたのが7月15日だった。
その間、派遣の面談があった(失業保険の待期期間中の就職活動はしてもOK)
その後8月から開始になったけど、派遣の営業担当に7月15日以降に就業を開始してほしいと伝えた。
正直に、再就職手当がもらえるかもしれないからと伝えた。

実際、すぐに就業を開始することはできないだろうと営業担当も言っていたのでこれはいい流れと思った。
派遣でも

失業保険の待期期間(7日間)を過ぎた後に就業を開始すれば、再就職手当の対象になるのだ!(正確には他にも突破すべきは条件が8つあるけどな)
1. 7日間の待機期間満了後に就職または自営業を開始したこと
2. 失業手当の支給残日数が3分の1以上残っていること(就職の前日まで)
3. 就職した会社が、退職した会社とは関係ないこと
4. 自己都合退職に3ヵ月の給付制限がある場合、1ヵ月目はハローワークもしくは人材紹介会社の消化で就職を決めること
5. 再就職先は、1年以上を超えて勤務することが見込めること
6. 雇用保険の被保険者になっていること
7. 過去3年以内に再就職手当、または常用就職支度手当をもらっていないこと
8. 受給資格決定の前から、採用が内定していた会社ではないこと

この8つをクリアすればいいわけだ。

俺が一番不安だったのは5番目の1年以上勤務が見込まれること
派遣の契約では最初2ヵ月とか3ヵ月の更新だからだ。
しかし、派遣会社も初回更新後は3ヵ月毎の更新で1年以上を言っていた。

しかも派遣就職の際はハローワークから書類の提出が必要になった。
派遣就労に関するものだった。
要は1年以上の見込みあるよね?という確認書類だ。

これを派遣会社に書いてもらい。提出した。


それで結局いくら入ったの?
あっさり答えよう!

約37万円だ!
やべえぞマジで!

感謝しかない!ビットコインの損をチャラにしてくれた!(笑)

それで、申請後いつ振り込まれるのか?

俺は仕事があり、ハローワークに行けなかったので郵送した。
申請をだして約13日後。つまり今日だったわけだ。
だいたい1ヵ月~1ヵ月半くらいかかると言われたが、
約2週間で振り込まれた。
爆速対応でハロワの人優秀すぎるだろ!!

そんなわけで
再就職手当をゲットしたわけだ。